Sustainable Spa, Chiva-Som International Health Resort - Green Resort

環境への取り組みと対策

チバソム・インターナショナル・ヘルスリゾーツ株式会社(以下「チバソム」)は、限りある資源を守り、私たちのかけがえのない地球を守るために、全社をあげて継続的な取組みを行っています。環境を守る責任と道徳観念を持つ組織として成長し、存続していくため、チバソムは様々な対策を定め、実践しています。革新的な環境対策への取り組みを積極的に導入し、可能な限り環境に優しい方法を用いてリゾート運営を行っています。これらの取り組みには、エネルギーや資源の節約、環境に優しい建築デザインや清掃方法、ゴミの減量化を含みます。グリーングローブ(旅行・観光産業がより継続可能な産業へと発展するための、世界的な評価、認定、パフォーマンス向上システム)が定める21項目に従い、年間目標を定め、継続的に改善を行うことで、すべての業務レベルにおいて、環境に配慮した最善のリゾート運営を達成しています。また、企業としての社会的責任の理念は、従業員とその家族に対する福利厚生から地域の福祉と教育への支援に至るまで、幅広くその企業制度、活動に反映されています。

チバソムとはタイ語で“安寧の隠れ家”を意味しています。ウェルネスを目的とした独自のホリスティックアプローチを採用し、癒し、回復、リジュベネートのために。落ち着いた静かな環境を提供し、生涯にわたる健康とバイタリティー向上への提案をしています。チバソムは、アジア古来のセラピーと、西洋の健康とウェルネスへのアプローチを巧みに融合させたパイオニアとして、アジアで初めて世界的に高い評価を受けたヘルスリゾートです。広範囲に及ぶフィットネス、スパ、ホリスティックヘルスのサービスは、マインド、ボディ、スピリットの調和を目的にデザインされています。海に面した当リゾート施設は、ラグジュアリーな宿泊施設を中心に、美しいトロピカル庭園がその周りを優雅に取り囲んでいます。快適な58室の客室は、プライベートな空間を提供するタイ様式のヴィラ「タイパビリオン」、タイ湾を見渡す「オーシャンビュー ルーム」、「スイート」の3タイプに分かれています。リゾートの施設は、トリートメントルーム、室内プールやマルチレベル スチームサウナを含む「ベイジングパビリオン」、サウナ、プランジプール、ハイドロプール、ジャグジーを含む男女別の「ウォーター セラピー スイート」、「ワツ用プール」、ハイテク機器を用いた室内ジム「キネシス ルーム」、ビーチ沿いの屋外プールなどを取りそろえています。栄養価が高く、香り高いチバソムのスパキュイジーヌは、新鮮な有機野菜、果物、ハーブを使用して調理され、「エメラルドルーム」レストランとビーチ沿いの「テイスト オブ サイアム」レストランでお楽しみいただけます。チバソムは、バンコクより車で約3時間の王室の静養地として名高い、ホアヒンに位置し、タイならではの心からのおもてなしで、ゲストをお迎えいたします。

I. 温室ガス排出
環境への責務を負う企業として、温室ガスの排出を継続的に減少させ、代替エネルギー、再生可能エネルギー、さらにカーボンオフセットのプログラムに取り組み、カーボンニュートラルを目指しています。

II. エネルギーの効率化と節約
様々なエネルギー節約の技術と対策を用いて、電気と再使用不可能な石油の使用量と依存度を減らしています。

III. 水資源管理
清水の使用最小限化を目指し、節約対策を継続的に実施し、積極的に革新的な技術をリゾート全体に導入しています。雨水を有効活用し、敷地からの排水を最小限化することで、水源を汚染から守っています。

IV. エコシステムの管理
人間の活動を組織の根本に携え、エコシステムを保護し被害をもたらすことなく、最大限に利用することに取り組んでいます。リゾートは、現存する多様な生物に適合し、自然の地形に沿って、エコシステムに与えうる影響を最小限にとどめるように設計、建築されています。生物資源の在来種が繁殖することで、豊かな自然環境を導き、持続可能なバランスが保たれます。

V. 社会的、文化的問題の管理
州当局と連携し、環境を育むことを重要な基本的価値として捉え、利益を地域に還元すべく、ホアヒン保護活動(PHHG)の名の基に社会的、文化的活動を率先して行っています。チバソムが指揮を執る利他的協力活動であるPHHGは、現地企業、州当局、さらにホアヒン自治体の熱心なボランティアからなる多面的な取り組みであり、地域社会の美しい自然環境を保護していくことを目的としています。2004年より野外コンサートや、マラソン、美術品の展示やその他のイベントを後援してきました。後援や寄付等による収益は、環境に関する啓蒙活動、教育、保護活動を普及するための資金として利用されています。

VI. 土地利用計画と管理
敷地内のわずか7エーカーの土地を利用し、効率よく建設された立体的ホリスティック・ヘルス用施設、宿泊施設、及びレストランはそれぞれ豊かな緑のトロピカルガーデンの中を散歩するかのような距離に配置されています。リゾートは、大切なゲストをお迎えするため、自然に溶け込む多様性のある伝統的なタイの建築スタイルと、大きな湖と滝、そして高く伸びた木のもたらす静寂を見事にブレンドさせて設計されました。内部の工事や改築は、その潜在的影響を深く分析した上で、検討されています。

VII. 大気汚染と騒音の管理
さわやかな海風を感じるビーチフロントに建てられたチバソムは、外界の邪魔なものを一切遮断し、あらゆる騒音等から守られたサンクチュアリであり続けたいと考えています。リゾート内は喫煙に制限を設け、各施設の防音設計は音を遮断する周囲の壁、及び植え込みにより守られます。携帯電話やパソコンのご利用は、パブリックエリアではお断りしています。

VIII. 排水管理
資源再利用活動のひとつとして、排水は敷地内で集められ、炭素濾過、砂濾過等、何層にもわたるプロセスを経て浄化されています。この浄水は敷地内庭園等の潅漑(かんがい)、さらにリゾート内の湖の水質を保つために再利用されています。

IX. ゴミの最小限化、再利用、リサイクル
リゾートでは常にゴミの減少化を心がけ、減少、再利用、リサイクル活動に努めています。使用された材料や物は異なる形に変化させることで、半永久的に利用され続けます。プラスチック、ガラス、金属、木材、紙製品は分別し、リサイクル施設に搬送され、消耗品である食べ物は地域の家畜業者に渡され、飼料として利用されます。造園によって生じる植物の廃棄物は栄養豊富なコンポストとして生まれ変わり、植物への肥料となります。

X. 環境に有害な物質の保管と利用
チバソムの全ての活動は、ゲスト、スタッフ、環境を守ることを前提として、健康と安全な環境を常に提供できるよう、該当する衛生、安全、環境保護に関する法律、規則、要求を順守しています。また環境に害を与える可能性のある製品を極力排除し、エコフレンドリーな代替品を継続的に探し、導入しています。

XI. 地域厚生
共存と地域の環境、及び良好な社会生活の持続性が問われる中、チバソムでは地域の健康、厚生、生活をさらに改善するために社会福祉活動に注目し、現地のスタッフを多く採用し、人材開発を続け、さらに可能な限り近隣地域からの新鮮な食物、製品、サービスを購入、利用しています。

XII. 環境保持に対する教育
環境や良好な社会生活の持続可能性に対するチバソムの方針、その目標や実践内容を常にスタッフやゲストに伝え、その意識をさらに高めつつ、総合的に目標を進展させ続けています。さらにサプライヤーに対しても、可能な限り、この目標に合致するような対応と協力を求めています。

この方策は、環境や環境保持における目標に対し、最大、最適なプロセス改善を目的として半期ごとに見直されています。

クリップ・ロジャナスティン

チバソム・インターナショナル・ヘルスリゾーツ株式会社 チェアーマン兼CEO

Sustainable Spa, Chiva-Som International Health Resort - Green Resort

”グリーングローブ(旅行・観光産業がより継続可能な産業へと発展するための、世界的な評価、認定、パフォーマンス向上システム)が定める21項目に従い、年間目標を定め、継続的に改善を行うことで、すべての業務レベルにおいて、環境に配慮した最善のリゾート運営を達成しています。”

Green Globe Silver Certification 2010 for Chiva-Som, Sustainable Spa

VIEW CHIVA-SOM RESPONSIBILITY VIDEO

DOWNLOAD SUSTAINABILITY REPORT 2012