Preserve Hua Hin - Running Activity

ホアヒン保護活動について

小さなビーチリゾートの町として知られていたホアヒンでは、ここ10数年の間で加速した商業開発とドーナツ化現象の影響が多く見られます。人間の活動により増加するゴミや汚染問題、膨大に使用される水やエネルギー資源、交通渋滞や既存のインフラストラクチャーは環境問題における重要な懸念事項です。これらの問題点をおろそかにしていると、生活の質に響くこととなり、ホアヒンの観光業にも多くのマイナス的要素を与える結果となります。

急速に成長する人口により生じる、難問題点、「エコロジカル・フットプリント(人間開発指数)」に取り組むため、2004年に結成された地域開発組織がホアヒン保護活動(PHHG)です。チバソムの創立者であり、PHHGの名誉会長であるクン・ブンチュ・ロジャナスティンは、民間や公共部門の組織や団体の協力を得て、PHHGの発展のために指揮を執り、環境問題の意識を高め、保護活動を促し、地域コミュニティーの社会的交流を計るための努力を常に怠ることはありませんでした。その意志を継いで、PHHGは多様かつ積極的な現地企業、ホテル、住民が州当局と協力し、定期的に野外コンサート、マラソン、アート展示、ビーチの清掃、森林再生プロジェクトといったイベントやその他社会福祉や地域の改善を目的とした活動を運営、後援しています。

会長のクン・クリップ・ロジャナスティンは地域の厚生を目的とした活動に熱心に取り組み、PHHGは引き続き、総合的に自治体をサポートしています。衛生的での安全、さらに活気のある地域として、ホアヒンは社会的責任と環境を意識した政策をとりつつ安定した未来を目指しています。

クン・ブンチュ・ロジャナスティン 名誉会長
チバソム創立者
クン・チャロエン・シリヴァダナバクディ 名誉副会長
タイ・ビバレジ社会長
クン・クリップ・ロジャナスティン 会長
チバソム会長
クン・シリパン・カモルプラモーテ 副会長
ホアヒン市長

Visit Preserve Hua Hin website

Preserve Hua Hin - Concert for Environmental & Social Sustainability

2004年の発足以来、PHHGは環境問題への意識向上、資源保護運動の推進、そして地域コミュニティーにおける社会的交流に取り組んでいます。

VIEW CHIVA-SOM RESPONSIBILITY VIDEO